健康が気になる人にはグリーンスムージーが合う

健康が気になる人にはグリーンスムージーが合う

規則正しい食生活をしていても、十分な栄養を摂取することができないことは多いものです。

 

そこで、グリーンスムージーを飲むようにすることが大切なのです。

 

グリーンスムージーを飲むことで、不足しがちな栄養を補うことが可能になります。

 

ただし、グリーンスムージーであれば何でもよいということではなく、しっかりと作られたグリーンスムージーを飲むようにしなければなりません。

 

初めてグリーンスムージーを購入する場合は、できるだけ知名度のある商品の中から選ぶようにします。

 

多くの人が飲んでいる商品は、初めて飲む人でも安心することができるものです。

 

ただし、自分の体質に合っているかどうかをきちんと確認する必要があるので、最初から大量に購入するのは避けた方が望ましいです。

 

まずは少しずつ購入して、飲んでみることが大切です。

 

グリーンスムージーは、商品によって飲みやすさが違っています。

 

飲みやすい味に調整されているものを選ぶようにすると、無理なく継続することができて良いです。

 

1回飲んだだけで成果が出てくるということはありません。

 

そのため、長く飲み続けることができるグリーンスムージーを選ぶ必要があるのです。

 

健康が気になる人は、グリーンスムージーを正しく選ぶことが重要です。

グリーンスムージーに適した食材・適さない食材

 

グリーンスムージーは新鮮な野菜と果物を使用するのですが、どんな食材でも適しているのではありません。

 

グリーンスムージーに最適な食材を知っておいしく作りましょう。

 

グリーンスムージーに使う野菜は緑が濃い葉野菜です。

 

ほうれん草・小松菜・水菜・リーフレタス・パセリ・しそなどさまざまな種類があります。

 

小松菜や水菜はクセがないので飲みやすいグリーンスムージーを作れますが、夏の小松菜は辛みがあるので注意が必要です。

 

パセリやしそを加えると爽やかです。

 

適していない野菜はキャベツ・ブロッコリー・人参・いんげん・かぼちゃなどでんぷん質を多く含むものです。

 

でんぷん質が多い野菜と果物を一緒に摂ると、お腹の中でガスが発生します。

 

果物はどんなものを使用しても構いません。

 

旬の食材は栄養価が高いので、できるだけ旬の果物を選びましょう。

 

春ならイチゴ、夏ならイチジクやマンゴー、秋なら柿、冬ならリンゴやみかんなどがあります。

 

バナナは一年中売られていて便利です。

 

よく熟したバナナを加えると甘味が出て飲みやすくなります。

 

野菜や果物は皮ごと使うのでオーガニックを選びましょう。

 

オーガニックが手に入らないときは、よく洗って使用します。

 

また、オーガニックは慣行栽培に比べて栄養価が高い特徴があります。